家庭教師の選び方で重要なこととは?

塾では子供の成績が上がらないというときには、親としてはその他の方法を考えなくてはいけません。そこで塾の代わりとして利用したいのが家庭教師です。でも、家庭教師って選び方が難しいですよね。

まず気になるのが、どんな人が指導しに来てくれるのかということです。勉強を教わる際に、相性がいいか悪いかは非常に大切なことです。人間同士なので、どれだけ先生が懸命に指導をしてくれても、理解ができないということもあります。これは教え方が悪いわけでもなく、教わり方が悪いわけでもなく、相性の問題になるでしょう。

家庭教師の選び方で重要事項として考えて欲しいのは、この相性です。何人か試せるお試しコースがあるところもありますので、ぜひお試ししてみてください。教える側も教わる側も気持ちよくストレスない状態が理想です。

それ以外に考えなくてはいけないのは、費用の問題です。塾に比べて家庭教師は毎月の費用がかさみがちです。ですが、家庭教師は1回あたりで指導してもらえる量が多いですし、1対1なので不得意とする分野を集中的に学ぶこともできます。そのため、塾よりも回数を少し減らしてもいいと思います。回数を減らせば塾の費用と同じぐらいになるでしょうから、それほど心配することはありません。できるだけ安くと考えるなら、まずは費用で家庭教師を比較して選んでみて下さい。

Posted in アカデミック | Leave a comment

家庭教師の気になる指導方法

家庭教師による個別授業を考えたとき、効率よくお子さんの学力アップに繋がるような授業をお願いしたいと思うのは親御さん達の願いではないでしょうか。お子さん1人ひとりは学力も違いますし、飲み込み方にも違いがあります。得意科目、不得意科目もあります。だからこそ、家庭教師の先生にはお子さんに合った指導方法を実践して欲しいのです。

家庭教師を申し込む前に、指導方法について下調べをしておくといいかもしれません。例えば、生徒さんたちの成績アップを目指すためにどんなことを心がけているのか、生徒さんたちの苦手科目をどのように克服させているのか、家庭教師の先生と親御さんの考え方が一緒であれば、信頼関係も築けるようになるはずです。

家庭教師は個別授業なので、誰にでも同じような指導方法をしていたのでは一人ひとりの学力アップに繋がりません。その子にあった勉強方法を提案してあげることも家庭教師としての務めでしょう。

部活動を引退した中学三年生の秋ごろは特に家庭教師の申し込みが多くなるようです。受験を控えているお子さんの場合は、普段の勉強スタイルとは違うものを求めるご家庭も多いはずです。短期間で集中して学力アップさせるコツはあるのか、そのあたりも家庭教師を選ぶ際に基準にするといいでしょう。

Posted in アカデミック | Leave a comment